bewise

50代のサラリーマン、毎日が代わり映えのない日常なので、空とお弁当だけ載せてます。

記事一覧(5)

エイゼンシュテイン・シネクラブ 6月例会(第299回)のご案内

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〈一夜限りの傑作ロシア映画ナイト!〉~第9回『ヴィソツキー、生きててくれてありがとう』______________________________ソ連時代に俳優として舞台や映画で活躍し、シンガーソングライターとしても人気を博したウラジーミル・ヴィソツキー(1938~80年)。だみ声で歌われる、時に反体制的ともとれる歌詞は、ソ連の日常に不満を抱く人びとの心をとらえた。映画の脚本は、晩年の実際のエピソードを基に、息子のニキータ・ヴィソツキーが書いた。ヴィソツキーのコンサートが非公式にウズベク共和国で組織される。ヴィソツキーは病気をおして現地に赴くが、そこではKGBが陰謀をめぐらせていた。そして、ヴィソツキーの心臓が止まる……。高円寺Pundit'で開催される「一夜限りの傑作ロシア映画ナイト」との共催。会場では、ロシアのウオツカなどの用意もありますので、上映の前に、ぜひお楽しみください。日時:2018年6月30日(土)19:00開会(18:00開場)会場:高円寺Pundit’(東京・高円寺)※JR高円寺駅北口を出て左手の中通商店街を直進5分 フデノビル2階(1階はアヤマ鍼灸接骨院)http://inodon.net/pundit.jpg上映:『ヴィソツキー、生きててくれてありがとう』(2011年、ピョートル・ブスロフ監督)ビデオプロジェクターによる上映、日本語字幕付きトーク:井上 徹(当会代表、映画史・ユーラシア文化研究)渡辺裕美(ロシア雑貨店パルク店主)会費:シネクラブ会員500円(一般当日1800円、前売1500円)※入場時にワンドリンクご注文ください一般予約は、下記高円寺punditのページからお願いします。http://pundit.jp/events/3661/